ゆぴログ☆Emglish

英語の授業は昼寝タイムだった僕が"今更"ゼロから英語学習を始めました。超初心者レベルから英語についての知識を発信していきます!

【英会話】基本的なあいさつをする時の表現【超初心者】

こんにちは、ゆぴです。

 

今回は、超初心者向けの英会話記事1記事目です。

まずは中学1年生の4月に学ぶレベルから始めていきます

「え?ここから!?」

かと思いますが、ブログ主がそのレベルなので、ぜひお付き合いください!!

 

 

 

f:id:shinigami5sei:20191214145032j:plain

超基本あいさつ"Hello"

いわずもがな、英語における基本的なあいさつは

Hello(こんにちは)です。

 

発音は「ハロー」ではなく、「ハロゥ」と発音しましょう!

 

初対面の決まり文句

初対面の人に対して、Helloの後に

Nice to meet you (会えてうれしいです)

How do you do? (ご機嫌いかが?)

How are you? (ご機嫌いかが)←How do you doと同じ意味です

と言うのが、決まり文句となっています。

 

尋ねられたら、同様にHow do you do?と聞き返したり

I'm(← I amの省略)  fine (私は元気だよ)と返した上で and you?(あなたは?) と聞き返すのが一般的です。

 

Nice to meet you に対しては

Nice to meet you too と返したりします。

文末につく too は「私も」といった意味が入っています。

 

too に関しては、他の意味もあり、様々な場面でも使う時はあるのでぜひ覚えておきましょう!

 

発音の仕方

Nice to meet you の発音は

"Nice"と"meet"を強めに発音し、リズムよく発音していきます。

 

How do you do? の発音は

"How"と最後の"do"の発音を強めに、流れるように発音しましょう。

 

I'm fine の後に続く and you?は2単語ですが、音が繋がって

エンジュウ?またはエンニュウ?となります。

 

〇〇へようこそ!

ホームステイなど、相手がこの場所に来てくれたことに歓迎する表現です。

 

Welcome to 〇〇(場所の名前)

と表現します。例えば、来てくれたのが自分の家なら

 

Welcome to my house! (私の家へようこそ!)といったような表現になります。

 

おかえり の表現

Welcome を使って、おかえりという事もできます。

 

Welcome home でおかえりと表現できます。

家族で住んでいる人は、今日から使う事ができる日常表現ですよ。

 

多数の人にあいさつする場合

一度に多くの人にあいさつするときは、ここまでで解説したあいさつに対応していません。今までのは1対1でのあいさつで使われる表現です。

 

しかし、今までの表現に1単語付け足すだけで、1対1→1対複数にすることができます。

 

最後に all を付け足せばOKです。

 

こういう表現になります。

How are you all ?(みなさん、ご機嫌いかが?)

といった、複数に対しての声掛けに変化します。

 

これに対しての回答も、I'm(私は)から変わり

We're (←We areの省略)fine (私たちは元気です)

 

に変わります。

1人に対してと複数に対しての表現で変化するので注意しましょう。

ちょっと難しいので、次回お話したいと思います!